クロワッサン

カフェでクロワッサンとコーヒーを頼んで、食べて飲んで、、とやっていましたが、
頭が痛くなってきた。
フランスっぽいものは身体に合わないようだ。

コーヒーで頭が痛くなることはよくあるんだけど(だったらやめなさい!)、
クロワッサンで気持ち悪くなったし、なんか最悪だこの組み合わせ。
でも、、美味しいよね、時々は食べたくなるのだ。

クロワッサンってバターを相当練り込んであるから、カロリーも相当。
太りたくなかったらやめるべきですね。
一個で200カロリーくらい軽くあるらしい。
それでお腹いっぱいになるかって、、、気持ち悪くなるだけ。
だからやめとけばいいのだ。笑

フランス人、あんなんばっかり食べてよく太らないもんだ。

フランスは法律で労働時間の原則が「週35時間」と定められていて、
医師や弁護士、管理職などを除きほとんどの人や企業がこれに準ずるんですって。

夕飯は20時くらい。
なぜ夕食が20時頃になるかというと、一般的にだいたい朝の8時や9時から働き始め、
夕方16時や17時で仕事を終える彼らは、帰宅前や帰宅した後に友人や家族と
公園やカフェなどで思いおもいに時間を過ごすから。

フランスではビストロは軽食はあるものの、メインは軽くお酒を飲むところ、
という位置付けで、その後にきちんと食事を楽しむブラッサリーもしくはレストランへと店を変えるんだって。

そのためにクロワッサン???

このブログ記事について

このページは、りゅうやが2018年5月 1日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「化学調味料を使わない料理」です。

次のブログ記事は「メール履歴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。