子供のころから

よく、俳優さんで英語がとても上手だと言われる人がいます。
よーく聞くと、子供の頃にどこそこ(アメリカとか)にいた、とかが多い。
10代でもいいからどこそこ(英語圏)にいると英語は上手になれます。
二十歳超えてからだとちょっと難しい。
どうしても日本語訛りの英語になりますね。

子供のころから英語に慣れ親しむと英語はうまくなれていいですね。
だからお金持ちはインターナショナルに子供を通わせるんです。

すると、自然に英語は出来るようになりあmす、授業は英語だし、
まわりは外国人とか英語で話をする人ばかりなわけで。
ということが分かると、日本にいたって環境が英語なら英語が出来るようになるって事が分かります。

どこかにちょっとだけ留学、なんてしても英語は出来るようにならないですよー。
勘違いしてる人が多いんだよねー。
ネイティブなみにしたかったら子供のころから慣れ親しまないとだめですよー。

でも、訛りがあっても英語は出来るようになります、要するに慣れ。
全ては慣れです。
英語で頑張ってる人、すべての人にいいたい。
とにかく頑張れ!!(!!)

このブログ記事について

このページは、りゅうやが2019年3月 1日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不登校」です。

次のブログ記事は「勉強は一生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。