その気持ち、わかるよ

アメリカの話ですが、なにかをオンラインで買って、それを夫に見られないように配達して、
って書かれた玄関マット(ジョークのもの)があって、
配達員は律儀にも、荷物を隠してはくれたようだけど、
なんとそのマットの下においたのだ。

でも荷物は多きすふぃてマットからはみ出てるし、
「隠してね」と書かれた文字が丸見え。
これは笑うでしょ。

これを見た奥さんは笑いが止まらず、これを写真にとってフェイスブックで拡散。
たちまち話題になりました。
見た人もいるのでは?
これ、いい話ですね。

写真もすごく面白い、加工もしてないし、そのまま履いたウインが置いたまま(だと思う)。
隠す意志はあるものの、どうしていいか分からず、、、
または、大真面目にそうしたのかも。
つまり、、「隠した」(つもり)。
これは面白い。
配達の人も苦肉の策だったのだろうけど、「言われたことはやったよ」なのかも。
イキだよなー。

こんな面白い事がアメリカでもあるんだねー。

このブログ記事について

このページは、りゅうやが2019年12月 1日 14:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「100均」です。

次のブログ記事は「難しいな。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。