2020年1月アーカイブ

難しいな。

あなたがもし、「ガンです」と言われたら、、、間違いなく動揺するでしょう。
でも、誰にでもおこりうることなのです。
問題はそのあと。
どう対応していくか、どう治療ができるのか、自分はどこにいるのか。

知り合いの旦那さんもガンが見つかりました。
手術をして、今はどうなっているのか、、ってとこですが、
本人はもとより、家族(その場合はその知り合い)も、鬱状態になるそうです。
そういうこともケアしてくれるところがあるそうですが、ぢごとを抱えて、介護があり、
それどころではなくなったとか言っていました。

そろそろ連絡とらなきゃな、って思っています。

さて、もし自分がそういう状況になったら、、と考えてみました。
穂と前では冷静にしていても、ひとりになったらたまらないでしょうねー。
泣くな。
出も覚悟を決めて、出来る事を全部すると思います。
悔いのないように。
自分の人生ですからね。

これが家族ってことになると、自分のことよりも心がいたみ、そして動揺します。
どうしていいか分からない。
動けば動くほど、本人を気遣ってよくないかも、とか、かといって何もしないではいられないし。
あー、困りますね。
結局は皆が健康でいてくれたらいいのだ。

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

次のアーカイブは2020年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。